2024年度 津久井湖オープン第4戦

’24. 2.11開催 参加人数48名/ウエイイン7名

順 位 選 手 名  ウエイト ポイント 選手写真
1 原      等 1685g/2匹  50  
更に減水進み真冬のコンディションになった注目の第4戦!
今大会優勝に輝いたのはこの選手!!
2014年から参戦下さっているオープン歴10年超えの
オープン常連ロコアングラーの原等選手!!
これまで2018年第4戦優勝、入賞3回など今回2度目の優勝で
通算入賞回数4回のオープンベテラン選手です。
久々の優勝本当におめでとうございます!!!

当日のウイニングパターンは津久井観光さんの対岸、4番岬~
5番の間の奥に小さなインレットがあるポケットの左側の岬の沖、
水深14mを魚探の反応でベイトの入り具合を
確認しながらメタルバイブをしゃくり続けて探っていた所、
一時活性が上がるタイミングが訪れて45分間に3匹を
立て続けにキャッチ!内2匹がキーパーで
その2匹をウエイインされ優勝出来たようです。
このエリアは前日のプラクティスでも魚探の反応共に
状況が良かったようです。


当日のウイニングタックル
ロッド:アブ・ホーネット スティンガープラス HSPS651ML-PS MGS
リール:ダイワ・エクセラー 2506H
ライン:シマノ・セフィアG5 PE 0.6号 リーダー:サンライン・シューター インビジブル 7lb
ルアー:ダイワ・メタルバイブSS 7g(ブラック)写真と色が異なります

原選手、優勝おめでとうございます!!!
次回のGC戦も頑張って下さい。
2 加 藤  雅 史 1520g  49  
今大会2位入賞は毎度お騒がせしております。
何かと存在感、アピール度が大きい加藤雅史選手!
加藤選手は今年度2024第2戦で3位入賞されており
今シーズンも2度目の入賞で絶好調!!
今回の2位入賞で年間暫定8位までジャンプアップされて
まだ年間優勝の可能性も・・・
今回は見事2位入賞おめでとうございました。

当日のパターンは下流域、ブタ小屋下エリアに有る
玉石の石垣と小さなインレットの前に沈む、
過去に流れ着いて沈んだであろう流木のオダのシャローカバーを
これまたアピール度の大きなワームでシャロー撃ち!
この1匹が今大会のビッグワン1520g/48cmとなり
2位入賞となったようです。


当日のタックル
ロッド:フェンウイック・エイシス 70CHJ
リール:ダイワ・ジリオン TW HD 1000
ライン:サンライン・FCスナイパー 20lb
ルアー:OSP・ドライブビーバーマグナム(ブラック)/ザップ・バウヘッド 7g

加藤選手、2位入賞おめでとうございます!
次戦も頑張って下さい!
3 安 西    勝 1310g  48  
3位入賞は2015年より参戦いただいてるオープン常連、
ロコアングラーの安西勝選手!
年間トップ10常連でもある安西選手は
2016年度年間9位、2018年度年間5位、2019年度年間6位、
2020年度年間8位、2022年度年間2位と過去5回トップ10入り、
入賞経験も過去3回有り今回の3位で通算4度目の入賞となりました。
冬に強いフィネスマスターの安西選手、
今後も優勝目指して引き続き頑張っていただきたいです!
今回は見事3位初入賞おめでとうございました!!

当日のパターンは、津久井観光さんから下流、
4番ダッシュまでの間に有る過去の崩落で沈んだ
大きなレイダウンの前のシャローにジグヘッドをキャストし
沖に向かって宙層2m前後をミドストでスイミング。
ライブススコープでバスが追って来るのを確認し
リグを逃がして追わせて喰わせたようです。


当日のタックル:
ロッド:レジットデザイン・ワイルドサイド WSS59UL+
リール:ダイワ・ルビアス 2004H
ライン:サンライン・オールマイト ピンク 0.4号 リーダー:サンライン・シューター 5lb
ルアー:レイドジャパン・フィッシュローラー(ワカサギ)/ジグヘッド 1.3g

安西選手、3位入賞おめでとうございます!
4 関 根    守 1095g  47  
4 大 用  一 範 1095g  47  
6 鈴 木  貴 幸  880g  45  
7 関 塚    啓 305g 44  
 BIG1 加 藤  雅 史 1520g(4cm)  - -

今年度もやってます!冬のオープン恒例の外道賞!!

外道部門
 順位   選手名   ウエイト  選手写真 
1 伊 藤  敏 弘 475g/38cm
2 池 田    亮 455g/36.5cm
3 吉 野  勝 行 425g/36cm
4 粕 谷  邦 夫 410g/37cm  
5 関 塚    啓 285g/32.5cm  

 
 
 
 
 
 
 
 


いつもご参加いただいている折金一樹プロよりご協賛いただきました!
折金プロご出身の千葉県特産品・乾海苔を抽選でラッキーな3名に!!
 

折金プロ、ご協賛誠にありがとうございました!!!

2024年度津久井湖オープン第4戦 2月11日(日)
参加人数48名/ウエイイン7名


冬ド真ん中の真冬の津久井湖!!厳しい試合が予想された第4戦が開催!
今回まずはご参加下さった選手のみなさんに一言お礼を、
大減水中の大変な状況の中で開催された今大会
参加選手のみなさんには準備、片付けの祭にご面倒お掛けしまして
ご協力感謝しております。ありがとうございました!!

そんな厳しい状況の中、真冬のタフコンディションの中で
開催されました今回の第4戦でしたが、
約11mの減水に水温が7~8℃台と事前のプラクティスでも
みなさん苦戦されてましたので何とか1匹をキャッチ出来れば
上位入賞も高ポイントゲットも確実になると
みなさんいつも以上に気合いを入れて出撃されたかと思います。
結果としましては全体的にやはりローウエイトの大会となってしまいましたが、
予想以上の7名の選手がウエイイン!
中でも良いサイズを2匹ウエイインされた原選手が優勝!
上位入賞3名は原選手に続き加藤選手、安西選手と
お三方共にオープン・津久井湖ベテランの選手で
各選手ご自身の津久井湖経験を元にご自身の得意な釣りに
専念されてバスをキャッチされ
ご自身の腕と経験を信じて表彰台に登ったのはお見事でした!!
優勝の原選手、入賞加藤選手、安西選手、
それぞれおめでとうございました!!

早いもので今シーズンも残す所最終戦のみ
年間暫定ランキングにも少し変動が見られ
暫定トップ5名の選手には変動なかったものの
今回入賞された3選手が暫定トップ10にジャンプアップ!!
優勝の原選手が暫定10位に2位の加藤選手が暫定8位、
3位の安西選手が暫定6位へと上がって来ました。
8位までが暫定トップの池田尚史選手と44ポイント差ですので
最終戦GC大会の結果次第ではまだまだ多くの選手に
今年度AOYの可能性が残っております!!
次戦の最終戦も面白くなって来まして
年間争いに目が離せなくなりました!

残す所最終戦のみとなった今年度津久井湖オープン
3月はどのような展開になるのか?非常に楽しみ!!
まとまった雨が降らないので引き続き減水が心配ですが
最終戦もみなさんに奮ってご参加いただき
年間優勝、最終戦優勝目指して頑張っていただきたいと思います。

津久井湖オープンの目的である
釣り人口の拡大およびレベルアップ、釣り人の親睦を謀り且つ周辺地域の活性化を
念頭に楽しく安全に開催を続けていければと考えております。


さて、それでは番外編オープン恒例となっております外道賞!!
今期も豪華地元特産品を用意させていただきます!!
みなさん是非外道賞もお忘れなく!!
今回の外道賞の豪華景品はこちら!!

今回は地元老舗酒造、清水酒造さんの日本酒 巌の泉と
金原養鶏所さんの産みたて生卵
厚木の養蜂場が作るハチミツの
豪華3点セットとなりました!!
来月も豪華景品お楽しみに~~!!
上記の特産品は津久井湖観光センターにて販売しておりま~す!


参加選手のみなさん、大変お疲れ様でした。次戦もよろしくお願いいたします。


Copyright. (C) TSUKUIKO OPEN TOURNAMENT. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system